「固めコンクリート」について紹介|土木作業や求人情報を知るならば土木109

土木作業や求人情報を知るならば土木109 > 土木で働く > 「固めコンクリート」について紹介

「固めコンクリート」について紹介

2015年06月更新

選ばれているワード:


「固めコンクリート」の内容

この作業は、土木建築の中の作業でも基本中の基本で土台を作る時には、最初にしておかなければいけない作業です。工事現場にはセメントの粉が置いてあります。それを大きめのバットに入れて水を入れて溶かしていきます。これは、熟練の人以外がしては柔らかくなりすぎたり固くなりすぎたりしますので経験を積んでいる人しかしてはいけない事になっています。理由は、建物の基盤を作る土台の材料だからです。これがしっかりと出来ていないといみがないのです。城の石垣に隙間があれば城が立たない事を考えたら容易に理解が出来ると思います。

 

「固めコンクリート」にふさわしい人

これは、本当に土木の経験がある人です。この経験がどのくらいある人が「ふさわしい人」になるのか。それは、基盤作りにあっていると棟梁に認められた人になります。簡単な基準でいうと数ヶ月以上の経験がある人です。

 

「固めコンクリート」の将来展望

この作業は、土木現場の基礎とも基盤とも言えるもので、誰もが越えなければならない最初の壁です。何故ならば、これが出来なければ次の段階に進むことが出来ないからなのです。

 

「固めコンクリート」にはこうしたらなれる!

固めコンクリートには、誰でもなれます。なれると信じて行動をしていないと全く前に進まないのです。まずは自分に暗示をかけるように「私は出来る」と思い込ませることが重要です。

ページトップへ
copyright 2017 土木作業や求人情報を知るならば土木109