「枠作り」について紹介|土木作業や求人情報を知るならば土木109

土木作業や求人情報を知るならば土木109 > 土木になる! > 「枠作り」について紹介

「枠作り」について紹介

2015年05月更新

選ばれているワード:


「枠作り」の内容

家を筆頭にして建物を建てる時には、何もない更地に杭を打って建物の土台を作らなければいけません。枠作りというのは、建築にとって一番重要なポイントなのです。最初の土台を作るのに少しの間違いに妥協してしまえばその後の作業が全て駄目になってしまいます。

 

「枠作り」の働き方と生活

この作業は、雨の日には出来ません。出来ない作業なのです。まず土台を作ります。これは大地に穴をあける作業から始まると多くの人が勘違いをしています。それは大きな間違いです。大地に設計していく為の土台を組みます。その組んだ木材にセメントを流し込んでいきます。その後、セメントが固まったら木材をはがして見栄えを良くします。建物によって違いが出てきますが、それは建物をどう見せるかによって違います。木ではなく鉄筋で造形する人もいます。

 

「枠作り」にふさわしい人

枠作りが向いている人は、しっかりとした考えを持っている人です。枠は、本当の基盤になります。これが少しでも間違っていると、その上に建物を建造しても土台がしっかりしていないと意味がないのです。最終的に完成しても、そこに人が住む前に建造物が潰れてしまう恐れがあるからです。

 

「枠作り」の将来展望

現代でもコンピューターを使用して作成していますが、後々はコンピューターだけで全てが作れるようになる日が来ると思います。ですが、一番最後には、人間が決めなければいけません。

ページトップへ
copyright 2017 土木作業や求人情報を知るならば土木109