「杭打作業」について紹介|土木作業や求人情報を知るならば土木109

土木作業や求人情報を知るならば土木109 > 土木になる! > 「杭打作業」について紹介

「杭打作業」について紹介

2015年05月更新

選ばれているワード:


「杭打作業」の内容

建築物の柱を地面に作るのが杭打作業です。建物を何もない地面に建てる時には必ず必要な物があります。それが杭ですこれがなければ骨組みがないので新しい家を建築することが出来ません。

 

「杭打作業」の働き方と生活

この作業は、1人ですることは出来ません。周囲を確認する人ブルドーザーを動かす人、地面の一を決める人など数多くの人が一緒に働いています。作業もさることながら心根が正直な者でないと作業が上手くいかないのもこの作業の特徴の1つかも知れません。

 

「杭打作業」にふさわしい人

この仕事は重要な仕事な為に集中力が高い人にピッタリの仕事だと思います。でも、この仕事は1人で出来る仕事ではないので、仲間の為に一緒になって働ける人がいなくてはいけません。ゆえに、杭打ちの作業にふさわしい人は相手の事をちゃんと思える人です。

 

「杭打作業」の将来展望

杭打作業は、昔から職人の手作業で行われてきました。しかし現在はコンピューターを使用したものが全てを補っているので人間味が無くなってきていると言われています。人間の職人が設計から全てすることによって温かさや優しさを感じられるようになっています。コンピューターで作成することにより人間が作るよりも時間的に早い事は分かっていますが、完成した物はどことなく心がない建物になっています。

ページトップへ
copyright 2017 土木作業や求人情報を知るならば土木109