「土地均し」について紹介|土木作業や求人情報を知るならば土木109

土木作業や求人情報を知るならば土木109 > 土木になる! > 「土地均し」について紹介

「土地均し」について紹介

2015年02月更新

選ばれているワード:


「土地均し」の内容

土地均しとは、土地のベースとなる場所を作っている人のことを言います。建物を建てる時でも土地がしっかりしていないと建築物を建てる前に基礎すら作ることが出来ません。土木作業で一番最初に一番大切な仕事があります。それが土地均しです。これが終ってから、その土地の調査に入ります。この調査の時に一軒家くらいではありませんが、昔の歴史的なものが出土すれば全ての作業は中止となります。

 

「土地均し」の働き方と生活

これは、土木の中でも少し特殊な仕事なのでた誰でも出来るわけではありません。土地均しの仕事は現場の作業が始まる前に行わなければいけません。なので、土木作業員というよりは、土地評論家と同じ部類に属するかも知れません」。

 

「土地均し」にふさわしい人

土地均しは、誰でも出来る仕事ではありますが、力よりも頭を使うことが多い仕事です。今から開拓をしようとしている土地の前には何があったか、歴史をさかのぼることもしなくてはなりません。小さい頃から土と歴史が好きな人は「土地均し」になれる素質を十分に兼ね備えていると思います。

 

「土地均し」にはこうしたらなれる!

土地均しになるには、国家資格などを取得する必要はありません。今の土地のことをしっかりと理解すればいいのです。現状の土地が、今どういう状態にあるのかを知ることでその土地に対しては理解ができるようになります。それを続けていけば他の土地の事も見えてくるのです。

ページトップへ
copyright 2019 土木作業や求人情報を知るならば土木109