「資材の運搬」について紹介|土木作業や求人情報を知るならば土木109

土木作業や求人情報を知るならば土木109 > 土木になる! > 「資材の運搬」について紹介

「資材の運搬」について紹介

2014年12月更新

選ばれているワード:


「資材の運搬」の内容

工事現場にある資材を作業現場に移動することを資材の運搬と言います。ですが、資材をトラックに載せて移動する事も運搬と言います。運搬とは、ある一定の限られた範囲内で行動することをいいます。

「資材の運搬」の働き方と生活

資材の運搬の働き方を考えてみました。資材には、木材、鉄筋、接合パーツと多様な物が多く存在します。作業している現場によって資材の使い方が変わります。木材であれば設計して組むことが最初の作業になるので設計士が必要となります。鉄筋の場合は建物の基盤となる物があります。

「資材の運搬」にふさわしい人

資材の運搬には種類があります。トラックから現場に搬送すること、現場の資材置き場から作業現場へと運ぶことも運搬となります。ですから、この作業にふさわしい人というのは、計画性がある人物が望ましいのです。作業の途中で変更を余儀なくなれても別の方向転換が出来る柔らかい頭脳を持っている人が望ましいのです。

「資材の運搬」の将来展望

効率を良くすることが重要だと考えます。トラックの運搬作業ですと、最近特に多いのが自然現象の災いをどう回避するか、予め対策をどうしていくかが重要だと思っています。その運搬が遅れれば遅れるだけ現場作業が遅くなってしまう原因となる可能性があるからです。現場作業での運搬については、個人個人がしっかりと体調管理をしなければいけません。今も、将来も体が資本なのでしっかりと自己管理をしなければいけません。

ページトップへ
copyright 2017 土木作業や求人情報を知るならば土木109