資材運搬について紹介|土木作業や求人情報を知るならば土木109

土木作業や求人情報を知るならば土木109 > 土木になる! > 資材運搬について紹介

資材運搬について紹介

2014年10月更新


資材運搬の内容

この仕事は、土木作業員が円滑に作業を進めることが出来るようにする為の作業です。資材の運搬は基本的に運送業者がします。ですが、これは初回だけです。追加資材等を現場に運んできても置いておく保管場所がないのが現状です。それなので、共同保管所に資材等を保管しておきます。その資材を運搬してくるのが資材運搬の担当になっている土木z¥作業員です。

資材運搬の働き方と生活

資材運搬の担当は、基本的には他の土木作業員たちと同じ行動をします。違う動きをする時がある場合は、前日に班長並びにリーダー核の人から「明日、セメントと8mm鉄線と6寸板60枚3セットを持って来ておいてくれ」等と言われます。そういわれた次の日だけ現場の入り時間に間に合うようにトラックに資材を入れて運搬し来なければいけません。

資材運搬にふさわしい人

資材運搬は、上から言われたことを何の疑問も感じずに「わかりました」。や「はい」。と言える人間が望ましいのです。資材運搬の判断は班長などの人が決めるので責任は重大です。資材が無ければ作業が進みません。多すぎても作業に支障をきたします。ですから、ある種、班長の意見に従順な人が良いのです。

資材運搬の将来展望

仕事で、資材を運転している人というのは、確実に大型2種等の免許を持っています。同じ土木建築業でも出世することは出来ますが、トラックのドライバーとして職を変えることも出来ます。

ページトップへ
copyright 2017 土木作業や求人情報を知るならば土木109