「家づくりプランナー」について紹介|土木作業や求人情報を知るならば土木109

土木作業や求人情報を知るならば土木109 > 土木になる! > 「家づくりプランナー」について紹介

「家づくりプランナー」について紹介

2014年10月更新


「家づくりプランナー」の内容

家造りプランナーは、家造りの提案を行ったりする仕事をしています。この仕事では、多くの知識が必要となってきます、なぜなら、家の案内ではなくあくまでも「家造り」をプランニングする仕事ですから、家の組立方法の情報取得や、基礎がどう作られているかなどの現状把握能力が必要となってきます。更に、このプランニングを提案するのは、住宅を買う方ではなく、住宅の建築を依頼する側に行うのです。そのため、向こうとの上をいく提案をしたり、現状のまま進めていくとどのような危険が潜んでいるのか、更には現場監督と話をしながら、建築のフローチャートを変更したりと、非常に難しい仕事となっています。しかしながら、こうした仕事というのは難しい分、しっかりした家を立て、その家に人が住むとすごく充実感を得ることがあるといわれています。

「家づくりプランナー」の働き方と生活

まず、この仕事は主に建築現場の作業工程をしっかり把握するために、毎日建築業者の企業へ訪問して話をすることから始まります。この工程をしっかり把握し、次に現場へ伺います。そこで今の次現状を現場で更に確認を行っていくのです。

「家づくりプランナー」にふさわしい人

コミュニケーション能力に長けている方。また、その建物を最後までみるため、強い責任感が必要とされてきます。そのため、責任感とコミュニケーション能力があり、進んで提案を行うといった積極性を持っている方が求められます。

ページトップへ
copyright 2017 土木作業や求人情報を知るならば土木109