「ガス溶接作業主任資格」について解説|土木作業や求人情報を知るならば土木109

土木作業や求人情報を知るならば土木109 > 土木で働く > 「ガス溶接作業主任資格」について解説

「ガス溶接作業主任資格」について解説

2014年10月更新


「ガス溶接作業主任資格」とは??

この資格は、ガス溶接に関するエキスパートを育てていく仕事ができる資格です。この資格の使用法としては、上記の他に「ガス溶接機管理」などの業務を行うことができます。こうした資格は主に重作業の現場で必要とされていますが、意外にこの土木の仕事にも必要とされているのです。その必要とされている場所を次に紹介していいきましょう。

「ガス溶接作業主任資格」の働く場所

ガス溶接作業主任資格としてこの土木をするのであれば、足場作りなどが言えるのではないかと思います。特に、足場作りで使われているあの金属板というのは、よく接続部分が変わってしまうことがあります。時には、それが原因となってけが人が出てしまうことがあるのです。

この仕事を取得するには??

この資格には、専門の学校や研修期間で3日間の研修と実施研修を受けることで資格を取得することができます。特に作業経験などの指定がないために、自由に下記の学校に申し込むことができます。ぜひとも興味がある方はこの資格を取得してみてはいかがでしょうか?

この資格を取得できる学校紹介。

「労働技能講習会」

学校名の特徴

学校の特徴としては、こうした資格を取得するため、ハローワークなどの厚生労働省期間が斡旋しているところです。

「人本産業技能教習協会」

学校名の特徴

一般社団法人がおこなっているので、まさに国家が運営している会社となっています。

ページトップへ
copyright 2017 土木作業や求人情報を知るならば土木109